Toggle navigation

wal_retrieve_retry_interval

タイプ: integer
デフォルト: 5000
分: 1
最大: 2147483647
単位: milliseconds (ms)
コンテキスト: sighup
再起動: false
以来: 9.5

WALデータがソース(ストリーミングレプリケーション、ローカルのpg_wal、またはWALアーカイブ)から取得できない時に、スタンバイサーバがWALデータ受信をリトライするまでにどの位の時間待つべきかを指定します。このパラメータは、postgresql.confファイル、もしくはサーバコマンドラインでのみ設定可能です。デフォルト値は5秒です。特に指定がなければ単位はミリ秒です。

このパラメータは、リカバリ対象のノードにおいて、新しいWALデータが読み込み可能になるまでの待ち時間を制御する必要のある時に有用です。たとえば、アーカイブリカバリにおいては、このパラメータの値を小さくすることにより、新しいWALログファイルを検出する際にリカバリの応答を早くすることができます。WALの生成頻度が少ないシステムでは、この値を大きくすることにより、WALアーカイブへのアクセス頻度を減らすことができます。これは、たとえば基盤へのアクセス回数が課金対象になるクラウド環境において、有用です。

件のコメント