Toggle navigation

wal_receiver_status_interval

タイプ: integer
デフォルト: 10
分: 0
最大: 2147483
単位: seconds (s)
コンテキスト: sighup
再起動: false

スタンバイサーバ上のWAL受信プロセスがプライマリー、または上位サーバに対してレプリケーションの進捗情報を送信する最小頻度を指定します。送信された進捗情報はpg_stat_replicationビューにより確認することが可能です。スタンバイサーバは書き込みがされた直近の先行書き込みログ位置、ディスクにフラッシュされた直近のログ位置、およびリカバリ適用された直近のログ位置を報告します。このパラメータの値がそれぞれの報告間における秒単位の最大の時間間隔です。書き込み、またはフラッシュ位置が変更される毎、あるいは最低でもこのパラメータで設定された頻度で更新情報が送信されます。従って、適用位置は真の位置よりも少し後ろにずれることがあります。このパラメータをゼロに設定すると、ステータスの更新を完全に無効化します。このパラメータは、postgresql.confファイル、もしくはサーバコマンドラインでのみ設定可能です。デフォルトの値は10秒です。

件のコメント