Toggle navigation
タイプ: string
コンテキスト: sighup
再起動: false
以来: 11

秘密鍵などのSSLファイルを復号する際に、パスフレーズの入手が必要な時に起動される外部コマンドを設定します。デフォルトではこのパラメータは空文字で、組み込みのプロンプト機構が使用されます。

このコマンドは、パスフレーズを標準出力に書き出し、コード0で終了しなければなりません。パラメータの値の%pはプロンプト文字列に置き換えられます。(%を使いたい場合は%%としてください。)プロンプト文字列はおそらく空白文字を含むので、適切に引用符付けするように注意してください。出力の最後に一個の改行があれば、削除されます。

このコマンドは実際にはパスフレーズ用にユーザにプロンプトを表示する必要はありません。ファイルからパスフレーズが読めるなら、キーチェーン機構やその他から取得します。選択された仕組みが適切にセキュアかどうかを確認するのはユーザ次第です。

このパラメータはpostgresql.confファイル内、またはサーバのコマンドラインのみで設定可能です。

件のコメント