Toggle navigation
タイプ: enum
デフォルト: mmap
コンテキスト: postmaster
再起動: true
値: [sysv, mmap]
以来: 12

PostgreSQLの共有バッファおよび他の共有データを保持する主共有メモリ領域のためにサーバが使用すべき共有メモリの実装を指定します。可能な値はmmapmmapを使って獲得した無名共有メモリ)、sysvshmgetを使って獲得したSystem V共有メモリ)、windows (Windows共有メモリ)です。すべての値がすべてのプラットフォームでサポートされているわけではありません。サポートされている最初のオプションがそのプラットフォームのデフォルトです。どのプラットフォームでもデフォルトになっていないsysvオプションの利用は一般に推奨されません。通常、デフォルトではないカーネルの設定が大きなアロケーションでは必要になるからです。(sysvipc参照。)

件のコメント