Toggle navigation
タイプ: integer
デフォルト: 1024
分: 16
最大: 1073741823
単位: 8kB
コンテキスト: postmaster
再起動: true

データベースサーバが共有メモリバッファのために使用するメモリ量を設定します。デフォルトは一般的に128メガバイト(128MB)です。しかし、稼働中のカーネルの設定がこの値をサポートしていない場合、より少なくなることがあります(initdbの過程で決定されます)。この設定は最低限128キロバイトなければなりません。しかし、良い性能を引き出すためには、最小値よりかなり高い値の設定が通例必要です。この値が単位なしで指定された場合は、ブロック単位であるとみなします。すなわち、BLCKSZバイト、一般的には8kBです。(BLCKSZがデフォルト値と異なる場合、この最小値も異なる値になります。)このパラメータはサーバ起動時にのみ設定可能です。

1GB以上のRAMを載せた専用データベースサーバを使用している場合、shared_buffersに対する妥当な初期値はシステムメモリの25%です。shared_buffersをこれよりも大きな値に設定することが有効なワークロードもあります。しかし、PostgreSQLはオペレーティングシステムキャッシュにも依存するため、shared_buffersにRAMの40%以上を割り当てても、それより小さい値の時より動作が良くなる見込みはありません。shared_buffersをより大きく設定する場合は、大抵max_wal_sizeも合わせて増やす必要があります。これは、新規または変更された多量のデータを書き出す処理をより長い時間に渡って分散させるためです。

1GB未満のRAMのシステムでは、オペレーティングシステムに十分な余裕を残すために、RAMに対してより小さい割合を設定することが適切です。

推奨事項 [EN]

A memory quantity defining PostgreSQL's "dedicated" RAM, which is used for connection control, active operations, and more. However, since PostgreSQL also needs free RAM for file system buffers, sorts and maintenance operations, it is not advisable to set shared_buffers to a majority of RAM. Note that increasing shared_buffers often requires you to increase some system kernel parameters, most notably SHMMAX and SHMALL. See Operating System Environment: Managing Kernel Resources in the PostgreSQL documentation for more details. Also note that shared_buffers over 2GB is only supported on 64-bit systems.

件のコメント