Toggle navigation
タイプ: bool
デフォルト: off
コンテキスト: postmaster
再起動: true
以来: 9.4

このパラメータがonの場合、PostgreSQLサーバはチェックポイント後にはじめてページを変更する際に、ディスクページの全内容をWALに書き出します。これは、あまり重要でない、ヒントビットと呼ばれるものに対する変更にさえ当てはまります。

データチェックサムが有効であると、ヒントビットの更新は常にWALにログされ、この設定パラメータは無視されます。この設定パラメータを使って、データチェックサムが有効なときにどれだけのWALログは余計に書きだされるかをテストすることができます。

このパラメータはサーバ起動時のみ設定可能です。デフォルト値はoffです。

件のコメント