Toggle navigation

vacuum_multixact_freeze_table_age

タイプ: integer
デフォルト: 150000000
分: 0
最大: 2000000000
コンテキスト: user
再起動: false
以来: 9.3

pg_class.relminmxidフィールドがこの設定値で指定した年代に達するとVACUUMはテーブルの積極的なスキャンを行います。積極的なスキャンは、無効タプルを含む可能性のあるページだけではなく、凍結XIDあるいはMXIDを含むすべてのページを読む点で通常のVACUUMとは異なります。デフォルトは1億5千万トランザクションです。ユーザは0から20億まで任意の値を設定できますが、テーブルに対してラップアラウンド防止処理が起動される前に定期的な手動VACUUMが走ることができるように、VACUUMautovacuum_multixact_freeze_max_ageの95%に暗黙的に制限します。詳細はvacuum-for-multixact-wraparoundをご覧ください。

推奨事項 [EN]

Set to 80% of autovaccum_multixact_freeze_max_age

件のコメント