Toggle navigation
タイプ: integer
デフォルト: 150000000
分: 0
最大: 2000000000
コンテキスト: user
再起動: false

テーブルのpg_class.relfrozenxidフィールドがこの設定で指定した時期に達すると、VACUUMは積極的なテーブル走査を行います。積極的な走査は、無効タプルを含む可能性のあるページだけではなく、凍結されていないXIDあるいはMXIDを含むすべてのページを読む点で通常のVACUUMとは異なります。デフォルトは1.5億トランザクションです。ユーザはこの値をゼロから20億までの任意の値に設定することができますが、VACUUMは警告することなく、周回問題対策のautovacuumがテーブルに対して起動する前に定期的な手動VACUUMが実行する機会を持つように、autovacuum_freeze_max_ageの95%に実効値を制限します。詳細はvacuum-for-wraparoundを参照してください。

推奨事項 [EN]

Generally set to 80% of autovacuum_max_freeze age to preempt a full vacuum freeze. If you can schedule cron vacuums during application slow periods, it might be valuable to lower this value in order to encourage vacuum freezing of tables before they are triggered by autovacuum.

件のコメント