Toggle navigation

trace_recovery_messages Developer Parameter

タイプ: enum
デフォルト: log
コンテキスト: sighup
再起動: false
値: [debug5, debug4, debug3, debug2, debug1, log, notice, warning, error]

復旧関連のデバッグ出力のログ取得を有効にします。さもないとログは取られません。 このパラメータはユーザに対し、log_min_messagesの通常設定を上書きすることを許可します。 しかし、特定のメッセージに対してのみです。これはホットスタンバイのデバッグを意図したものです。 有効な値は、DEBUG5DEBUG4DEBUG3DEBUG2DEBUG1、および LOGです。 デフォルトのLOGは、ログ取得の決定に全く影響しません。 その他の値は、あたかもLOG優先度を所有しているごとく、それ、またはより高い優先度でログ取得される復旧関連デバッグメッセージの要因となります。 log_min_messagesの通常設定に対し、これは無条件にそれらをサーバログに送り込みます。 このパラメータはpostgresql.confファイル内、または、サーバコマンドラインでのみ設定可能です。

推奨事項 [EN]

For troubleshooting replication/PITR failures.

件のコメント