Toggle navigation
タイプ: integer
デフォルト: 0
分: 0
最大: 2147483647
コンテキスト: user
再起動: false

サーバのクライアントへの接続が切れたと判断されるまでのTCP keepaliveメッセージの数を指定します。0(デフォルトです)の場合はオペレーティングシステムのデフォルト値を使用します。このパラメータはTCP_KEEPCNTまたは同等のソケットオプションをサポートするシステムでのみサポートされます。その他のシステムではゼロでなければなりません。Unixドメインソケット経由で接続されたセッションでは、このパラメータは無視され、常にゼロとして読み取られます。

このパラメータはWindowsではサポートされておらず、ゼロでなければなりません。

推奨事項 [EN]

The three tcp_keepalive settings help manage a system which tends to have "undead" connection/query processes. For systems which support them, you can regulate checking that connections are still "live" end-to-end to kill them off. Not needed if you're not having a problem. Should be synchronized with the new TCP keepalive support in libpq on the client side.

件のコメント