Toggle navigation
タイプ: bool
デフォルト: on
コンテキスト: user
再起動: false

これにより、同時実行スキャンがほぼ同じ時間に同じブロックを読み取り、I/Oへの負荷を分散できるように、互いに同期して、大規模テーブルをシーケンシャルスキャンすることができます。これが有効な場合、スキャンはテーブルの途中から始まり、進行中のスキャンの活動と同期するように、行全体を覆うように終端を巻き上げる可能性があります。これにより、ORDER BY句を持たない問い合わせが返す行の順序は予想できない程変わってしまいます。このパラメータをoffにすることで、シーケンシャルスキャンが常にテーブルの先頭から始まるという、8.3より前の動作を保証します。デフォルトはonです。

推奨事項 [EN]

This new peformance enhancment can also cause rows to be returned in an order other than physical storage order. For poorly-written older applications, this may break application code; turn it off to disable.

件のコメント