Toggle navigation
タイプ: string
デフォルト: pg_stat_tmp
コンテキスト: sighup
再起動: false

統計情報データを一時的に格納するディレクトリを設定します。 これをデータディレクトリからの相対パスとすることも絶対パスとすることもできます。 デフォルトはpg_stat_tmpです。 これをRAMベースのファイルシステムを指し示すようにすることで物理I/O要求が減り、性能を向上させることができます。 このパラメータは、postgresql.confファイルまたはサーバのコマンドラインのみで設定可能です。

推奨事項 [EN]

Useful for extremely high-volume databases; the stats temp directory could be set to a RAMdisk or other high-speed resource (at the cost of potentially losing some stats) as this file gets updated hundreds of times per second.

件のコメント