Toggle navigation
タイプ: string
コンテキスト: sighup
再起動: false
以来: 10

いわゆる短命DH系SSL暗号で使用するディフィー・ヘルマンパラメータを格納するファイル名を指定します。デフォルトは空で、この場合はコンパイル時に決められたデフォルトのDHパラメータが使用されます。攻撃者が、よく知られたコンパイル時設定のDHパラメータを解読しようとしている場合には、カスタムDHパラメータを使うことでその危険性を低減できます。openssl dhparam -out dhparams.pem 2048を使って、独自のDHパラメータファイルを作ることができます。

このパラメータは、postgresql.confファイルか、サーバのコマンドラインでのみ設定可能です。

推奨事項 [EN]

According to your SSL configuration, which maybe provided by your installer.

件のコメント