Toggle navigation
タイプ: string
デフォルト: "$user", public
コンテキスト: user
再起動: false

この変数は、オブジェクト(テーブル、データ型、関数など)がスキーマを指定されていない単純な名前で参照されている場合に、スキーマを検索する順番を指定します。 異なるスキーマに同じ名前のオブジェクトがある場合、検索パスで最初に見つかったものが使用されます。 検索パス内のどのスキーマにも存在しないオブジェクトを参照するには、修飾名(ドット付き)でそのオブジェクトが含まれるスキーマを指定する必要があります。

search_pathの値は、スキーマの名前をカンマで区切った一覧でなければなりません。 存在していないスキーマ、またはユーザがUSAGE権限を所有していないスキーマは警告なしに無視されます。

もしそのようなスキーマが存在し、ユーザがそれにたいしてUSAGE権限を所有している場合、一覧内の項目の1つが特別な名前である$userの場合、CURRENT_USERと同じ名前を持つスキーマがあれば、そのスキーマが置換されます。(このような名前空間がない場合は$userは無視されます。)

システムカタログのスキーマであるpg_catalogは、パスでの指定の有無にかかわらず、常に検索されます。パスで指定されている場合は、指定された順序で検索されます。pg_catalogがパスに含まれていない場合、パスに含まれる項目を検索する前に検索が行われます

同様に、現在のセッションの一時テーブルスキーマpg_temp_nnnも、存在すれば常に検索されます。これはpg_temppg_tempという別名を使用してパスに明示的に列挙させることができます。パスに列挙されていない場合、最初に(pg_catalogよりも前であっても)検索されます。しかし、一時スキーマはリレーション(テーブル、ビュー、シーケンスなど)とデータ型名に対してのみ検索されます。関数や演算子名に対してはまったく検索されません。

対象となる特定のスキーマを指定せずにオブジェクトが作成された場合、それらのオブジェクトはsearch_pathで名前を付けられた最初に有効となっているスキーマに配置されます。検索パスが空の場合、エラーが報告されます。

このパラメータのデフォルト値は"$user", publicです。この設定はデータベースの共有(どのユーザも非公開のスキーマを持たず、全員がpublicを共有)、ユーザごとの非公開のスキーマ、およびこれらの組み合わせがサポートします。デフォルトの検索パスの設定を全体的またはユーザごとに変更することで、その他の効果を得ることもできます。

スキーマの扱いについての詳細は、ddl-schemasをご覧ください。とりわけ、デフォルトの設定はデータベースのユーザが、一人あるいはお互いに信頼できる少数のユーザだけである場合にのみ適切です。

SQL関数のcurrent_schemas によって、検索パスの現在の有効な値を調べることができます(functions-infoを参照してください)。これは、search_path の値を調べるのとは異なります。current_schemasは、search_pathに現れる項目がどのように解決されたかを表すからです。

推奨事項 [EN]

Most DBAs either use the default or set search_path on a ROLE or database object basis. The one reason to set it in postgresql.conf is if you are taking the security step of removing the special "public" schema in order to lock down your database.

件のコメント