Toggle navigation
タイプ: bool
デフォルト: on
コンテキスト: sighup
再起動: false

デフォルトであるonの場合、PostgreSQLはバックエンドのクラッシュの後、自動的に再初期化を行います。この値を真のままにしておくことが、通常データベースの可用性を最大化する最適の方法です。しかし、 PostgreSQLがクラスタウェアにより起動された時のような状況では、クラスタウェアが制御を獲得して、適切とみなすいかなる振る舞いをも行えるように再起動を無効にすることが有益かもしれません。

推奨事項 [EN]

… unless deliberately running postgres in “ephemeral mode”

件のコメント