Toggle navigation
タイプ: integer
デフォルト: 0
分: 0
最大: 2147483647
単位: milliseconds (ms)
コンテキスト: sighup
再起動: false
以来: 12

デフォルトでは、スタンバイサーバは可能な限り早くプライマリからWALレコードをリストアします。時間遅れのデータのコピーを持つことで、データ損失エラーを修正する機会を提供するのは有用かもしれません。このパラメータを使う事で、決まった時間だけリカバリを遅らせることができます。例えば、パラメータに5minと指定した場合、各トランザクションについて、スタンバイのシステム時刻が、マスターから報告されたコミット時刻より5分以上経過している場合のみ、スタンバイサーバはコミットを再生します。単位を指定しない場合、ミリ秒として扱われます。デフォルトは0で、遅延を与えません。

サーバ間のレプリケーション遅延はパラメータの値を上回る可能性があり、その場合には遅延は追加されません。遅延は、マスタサーバで書かれたWALのタイムスタンプと、スタンバイサーバの現在時刻を使って計算されていることに注意してください。ネットワークの遅延やカスケーディングレプリケーション構成によるデータ転送の遅延は、実際の待ち時間を大幅に減らすかもしれません。もし、マスタサーバとスタンバイサーバのシステムクロックが同期されていない場合、期待値よりも早くレコードのリカバリを始めるかもしれません。しかし、このパラメータの有用な設定値は典型的なサーバ間の時間のずれよりもずっと大きいので、それらは大きな問題ではありません。

遅延はトランザクションコミットのWALレコードだけで発生します。他のレコードは可能な限り早く再生されるでしょう。対応する(トランザクション)コミットレコードが適用されるまではその効果が不可視であることがMVCCの可視ルールによって保証されているため、他のレコードが可能な限り早く再生されることは問題にはなりません。

ひとたびリカバリ中のデータベースが整合性のとれた状態になれば、スタンバイサーバが昇格またはトリガーになるまで、遅延が発生します。その後、スタンバイサーバはそれ以上待たずにリカバリを終了します。

このパラメータはストリーミングレプリケーション配信で使われることを目的としていますが、パラメータが指定されていると、クラッシュリカバリを除くすべてのケースで使用されます。この機能を使うことによってhot_standby_feedbackが遅延され、マスタサーバの肥大化に繋がる可能性があります。両方同時に使う場合には注意して使ってください。

synchronous_commitremote_applyに設定されていれば、同期レプリケーションは、この設定に影響を受けます。各COMMITは適用されるのを待つことが必要です。

このパラメータは、postgresql.confファイル、もしくはサーバコマンドラインでのみ設定可能です。

件のコメント