Toggle navigation
タイプ: string
コンテキスト: sighup
再起動: false
以来: 12

このパラメータは、リカバリの終了時に一度だけ起動されるシェルコマンドを指定します。このパラメータはオプションです。recovery_end_commandの目的はレプリケーションあるいはリカバリの後のクリーンアップのための機構を提供することにあります。%rは、archive_cleanup_commandと同じように、有効な最後のリスタートポイントを含むWALファイル名に置換されます。

コマンドが非ゼロの終了ステータスを返した場合、警告ログメッセージが出力されますが、データベースはスタートアップ処理を続けます。例外は、コマンドがシグナルによって終了させられたか、シェルによってエラーが発生した(そのようなコマンドは見つからない)場合で、その場合はデータベースはスタートアップ処理を継続させません。

このパラメータは postgresql.confファイル、または、サーバのコマンドラインでのみで設定可能です。

件のコメント