Toggle navigation
タイプ: bool
デフォルト: off
コンテキスト: user
再起動: false
以来: 9.5

onの場合、演算子の優先順位の変更の結果、PostgreSQL 9.4以降で意味が変わる可能性のある構文に対して、パーサは警告を出力します。これは、優先順位の変更によりアプリケーションに何か不具合が起きないか監視するのに役立ちます。しかし、これはプロダクション環境でオンにしたままにしておくためのものではありません。なぜなら、完全に正しいSQL標準準拠コードに対しても警告を発するからです。デフォルトはoffです。

詳細はsql-precedenceを見てください。

件のコメント