Toggle navigation
タイプ: integer
デフォルト: 65536
分: 1024
最大: 2147483647
単位: KB
コンテキスト: user
再起動: false

VACUUMCREATE INDEX、およびALTER TABLE ADD FOREIGN KEYの様な保守操作で使用されるメモリの最大容量を指定します。デフォルト値は64メガバイト(64MB)です。1つのデータベースセッションでは、一度に1つしか上記操作はできませんし、通常インストレーションでこうした操作が同時に非常に多く発生することはありませんので、これをwork_memよりもかなり多めの値にしても安全です。大きい値を設定することでvacuum処理と、ダンプしたデータベースのリストア性能が向上します。

自動バキュームが稼動すると、最大でこのメモリのautovacuum_max_workers倍が配分されるので、デフォルトの値をあまり高く設定しないよう注意してください。別の設定項目autovacuum_work_memで制御するのが良いかもしれません。

推奨事項 [EN]

Sets the limit for the amount that autovacuum, manual vacuum, bulk index build and other maintenance routines are permitted to use. Setting it to a moderately high value will increase the efficiency of vacuum and other operations. Applications which perform large ETL operations may need to allocate up to 1/4 of RAM to support large bulk vacuums. Note that each autovacuum worker may use this much, so if using multiple autovacuum workers you may want to decrease this value so that they can't claim over 1/8 or 1/4 of available RAM.

件のコメント