PostgreSQLのバージョン:

log_min_error_statement

エラー条件の原因となったどのSQL文をサーバログに記録するかを制御します。設定したレベル以上のメッセージについては現在のSQL文がログに記録されます。有効な値は、DEBUG5DEBUG4DEBUG3DEBUG2DEBUG1INFONOTICEWARNINGERRORLOGFATALPANICです。デフォルトはERRORです。エラー、ログメッセージ、致命的エラー、パニックを引き起こした文がログに記録されることを意味します。失敗した文の記録を実質的に無効にするには、このパラメータをPANICに設定してください。スーパーユーザのみがこのオプションを変更することができます。

推奨事項 [EN]

Logs SQL statements which error. If you have an application which routinely generates errors and can't fix it, then raise the level to FATAL or PANIC.

件のコメント

タイプ: enum
デフォルト: error
コンテキスト: superuser
再起動: false
値: [debug5, debug4, debug3, debug2, debug1, info, notice, warning, error, log, fatal, panic]