Toggle navigation
タイプ: integer
デフォルト: 384
分: 0
最大: 511
コンテキスト: sighup
再起動: false

Unixシステムにおいては、logging_collectorが有効になっている場合、このパラメータはログファイルのパーミッションを設定します。 (Microsoft Windowsではこのパラメータは無視されます。) パラメータの値はchmod および umaskシステムコールで許容されるフォーマットで指定される数値モードであると期待されます。 (慣例的な8進数フォーマットを使用する場合、番号は0(ゼロ)で始まらなければなりません。

デフォルトのパーミッションは0600で、意味するところはサーバの所有者のみログファイルの読み書きが可能です。 そのほか一般的に実用的な設定は0640で、所有者のグループはファイルを読み込めます。 しかし、これらの設定を活用するにはlog_directoryがクラスタデータディレクトリの外部のどこかにあるファイルを格納できるように変更する必要があります。

このパラメータはpostgresql.confファイル、またはサーバコマンドラインからのみ設定可能です。

推奨事項 [EN]

… unless you need to share the log with Postgres' unix group, in which case set it to 660.

件のコメント