Toggle navigation
タイプ: integer
デフォルト: -1
分: -1
最大: 2147483647
単位: milliseconds (ms)
コンテキスト: sighup
再起動: false

少なくとも指定ミリ秒実行した場合、autovacuumで実行される各活動がログに残るようになります。これをゼロに設定すると、すべてのautovacuumの活動がログに残ります。-1(デフォルト)はautovacuum活動のログを無効にします。例えば、これを250msに設定すると、250ms以上かかって実行されたautovacuumや解析はすべてログに残ります。さらに、-1以外の値にこのパラメータが設定された場合、競合するロックや並行して削除されたリレーションによりautovacuum動作が省略されるとメッセージはログに記録されます。このパラメータを有効にすることは、autovacuum活動の追跡に役に立ちます。このパラメータはpostgresql.confファイル、または、サーバのコマンドラインでのみで設定されます。ただし、この設定はテーブルストレージパラメータの変更により、それぞれのテーブルに対して上書きすることができます。

推奨事項 [EN]

Logs all autovacuum actions which take more than the specified time. Useful for figuring out if autovacuum is bogging down your system or blocking.

件のコメント