Toggle navigation
タイプ: integer
デフォルト: 0
分: -15
最大: 3
コンテキスト: user
再起動: false

このパラメータは、float4float8、幾何データ型などの浮動小数点値の表示桁数を調整します。パラメータ値が標準的な桁数(FLT_DIGもしくはDBL_DIGどちらか適切な方)に追加されます。この値は、部分有効数を含めるために3まで設定することができます。これは基本的に、正確にリストアする必要がある浮動小数点データをダンプするために有用です。もしくは、不要な桁を抑制するために負の値を設定することもできます。 datatype-floatも参照してください。

推奨事項 [EN]

Only significant for applications which do a lot of float calculations, like scientific databases.

件のコメント