Toggle navigation

dynamic_shared_memory_type

タイプ: enum
デフォルト: posix
コンテキスト: postmaster
再起動: true
値: [posix, sysv, mmap]
以来: 9.4

サーバが使う動的共有メモリの実装を指定します。可能な値はposix (shm_openで獲得するPOSIX共有メモリ)、sysv(shmgetで獲得するSystem V共有メモリ)、windows (Windows共有メモリ)、 mmap(データディレクトリ内のメモリマップファイルを使ってシミュレートする共有メモリ)です。すべての値がすべてのプラットフォームでサポートされているわけではありません。そのプラットフォームでの推奨実装がデフォルトになります。どのプラットフォームでもデフォルトになっていないmmapは、オペレーティングシステムが変更されたページをディスクに継続的に書き込み、I/O負荷を増加させるので一般的には利用が推奨されていません。しかし、デバッグ目的のためにpg_dynshmemディレクトリがRAMディスク上にある場合や、他の共有メモリ機能が使えない場合は有用かもしれません。

件のコメント