Toggle navigation
タイプ: bool
デフォルト: off
コンテキスト: user
再起動: false

シリアライザブル隔離レベルで運用されている場合、繰り延べ読み取り専用SQLトランザクションは、その処理の許可の前に遅延されることがあります。 しかし、ひとたび処理が開始されるとシリアライザブル可能性を保障するために必要ないかなるオーバヘッドも発生させません。 従って、シリアル化(直列化)のコードは、このオプションを長期間にわたる読み取り専用トランザクションに対して適切な処置と位置づけ、同時実行の更新の観点から中断を強制する理由はありません。

このパラメータはそれぞれの新規トランザクションのデフォルトでの繰り延べ状態を制御します。 現時点では、読み取り専用トランザクション、またはシリアライザブルより低位の隔離レベルの運用に対して効果はありません。

より詳細はsql-set-transactionを参照してください。

推奨事項 [EN]

If you use serializable transactions by default, it may be also useful to set this in order to decrease the overhead of long-running transactions.

件のコメント