Toggle navigation
タイプ: bool
デフォルト: off
コンテキスト: postmaster
再起動: true
以来: 9.4

デフォルトであるoffに設定すると、PostgreSQLは変更されたデータファイルのファイルシステムへの吐き出しの失敗に対してPANICレベルのエラーを発生させます。これによりデータベースサーバのクラッシュが引き起こされます。このパラメータはサーバ起動時のみ設定可能です。

オペレーティングシステムによっては、カーネルキャッシュのページ内のデータの状態は、書き戻しの失敗の後は不明です。このような状況では、データロスを避ける唯一の方法は、失敗が報告された後、可能ならば失敗の根本原因を調査して故障したハードウェアを交換したのち、WALからの回復することだけです。

onに設定すると、代わりにPostgreSQLはエラーを報告して実行を継続し、後のチェックポイントでデータの吐き出しをリトライします。書き戻しの失敗が起きたときのオペレーティングシステムのバッファデータの扱いを調査した後でのみonに設定してください。

件のコメント