Toggle navigation
タイプ: bool
デフォルト: on
コンテキスト: user
再起動: false

このパラメータは通常オンです。offに設定すると、sql-createfunctionの間で関数本体文字列の妥当性検証を無効にします。妥当性検証を無効にするとその妥当性検証処理の副作用を避け、前方参照による問題から起こる偽陽性(false positive)を避けることができます。関数をロードする前にこのパラメータを他のユーザとしてoffにします。pg_dumpはこれを自動的に行います。

推奨事項 [EN]

You only really want to turn this off to resolve circular dependancies, and that can be done on a per-session basis. In general, checking for syntax errors in PL/pgSQL functions is a very good idea.

件のコメント