Toggle navigation
タイプ: real
デフォルト: 2
分: 0
最大: 10
コンテキスト: sighup
再起動: false

各周期で書き出されるダーティバッファ数は、最近の周期でサーバプロセスが必要とした新しいバッファ数を基にします。次の周期で必要となるバッファ数を推定するために、最近必要とされた平均がbgwriter_lru_multiplierと掛け合わせられます。ダーティバッファの書き出しは、同数の整理済み、再利用可能なバッファが利用できるようになるまで行われます。(しかし1周期にbgwriter_lru_maxpagesを越えるバッファ数を書き出しません。)したがって、1.0と設定することは、必要と予想されるバッファ数の書き込みについて必要なときに必要なだけというポリシーを表します。より大きな値は突発的な要求に対する多少の緩衝材を提供します。より小さな値はサーバプロセスでなされる書き込みを意図的に残します。デフォルトは2.0です。このパラメータはpostgresql.confファイル、または、サーバのコマンドラインでのみで設定可能です。

件のコメント