Toggle navigation

autovacuum_vacuum_cost_delay

タイプ: real
デフォルト: 2
分: -1
最大: 100
単位: milliseconds (ms)
コンテキスト: sighup
再起動: false

自動VACUUM操作に使用されるコスト遅延値を指定します。-1に指定されると、一定の vacuum_cost_delayの値が使用されます。この値が単位なしで指定された場合は、ミリ秒単位であるとみなします。デフォルト値は2ミリ秒です。このパラメータはpostgresql.confファイル内、または、サーバのコマンドラインのみで設定可能です。この設定はテーブルストレージパラメータの変更により、それぞれのテーブルに対して上書きすることができます。

推奨事項 [EN]

If autovacuum is having too much of a performance impact on running queries, you might want to increase this setting to 50ms. However, this will also cause individual vacuum tasks to take longer.

件のコメント