Toggle navigation

autovacuum_analyze_scale_factor

タイプ: real
デフォルト: 0.1
分: 0
最大: 100
コンテキスト: sighup
再起動: false

ANALYZEを起動するか否かを決定するときに、autovacuum_analyze_thresholdに足し算するテーブル容量の割合を指定します。デフォルトは0.1(テーブルサイズの10%)です。このパラメータはpostgresql.confファイル、または、サーバのコマンドラインでのみで設定されます。この設定はテーブルストレージパラメータの変更により、それぞれのテーブルに対して上書きされます。

推奨事項 [EN]

This setting should be optimal for most databases. However, very large tables (1m rows or more) in which rows are added in a skewed fashion may need to be autoanalyzed at a lower percentage, such as 5% or even 1%.

件のコメント